塗装工事までの流れ

塗装工事の流れ

住宅の塗り替えはどのような流れで進むのでしょうか?

建物調査

目視調査

塗膜の割れ、膨れ、剥がれ、ツヤの低下などを調査します。

触診調査

塗膜の表面を手で触り、手に粉が付着しないかを調査します。

打診調査

ハンマーなどを使用し、壁を軽く叩いて塗膜の剥がれなどを調査します。

報告書の作成

見積書のご提示

現状報告書の作成。
お客様に確認をいただき、ご希望により塗替カラーシミュレーションにて塗替のご提案をさせていただきます。
その後、調査結果のご報告と打ち合わせを行います。

 

工事開始

足場の架設

確実な作業と安全のため足場を確保します。

補修・高圧洗浄

水洗機などを使い、外壁や屋根の汚れ、藻、カビ等を落としてキレイにします。さびの除去や、傷んだシーリングの打ち替えを行います。

下塗り(シーラー塗り・さび止め塗装)

塗装の第一段階として、旧塗膜に「シーラー」と呼ばれる下塗り塗料を、鉄部には「さび止め塗料」を塗ります。

中・上塗り(2回塗り)

塗装の第一段階として、旧塗膜に「シーラー」と呼ばれる下塗り塗料を、鉄部には「さび止め塗料」を塗ります。

点検・検査

足場解体・掃除・後片付け

完了・引き渡し